まさに、夢を叶えた気分

ぼくが、世の中で、一番すきなCDは、YMOのBGMで、これは、リアルタイムで買ったのではないですが、BGMのリリースが、1981年、ぼくがBGMを買ったのは、
1991年でしたね。高校時代でした。これは、伝説のカルトアイテムで、かつ、多くのミュージシャンに影響を与えた、必聴盤ですが、はじめて聴いたときは、あまりのマニアックさ、
アンビエントなムードに「何だ?こりゃ」と思いましたが、もう一度、集中して聴いてみると、とても感動して、目から涙がでてきました。それほど感動した、ということです。
それから、何十年もたちましたが、いまだに一番好きなCDです。感動したいとき、陶酔したいときの夢を叶えてくれるCDです。

ザ・シークレットサブリミナルCDもいいですね。まさにサブリミナルに作用し、無意識にききますね。潜在意識を書き換える方法として使うらしいです。それから、YMOのBGMに関しては、マニアックだけに、YMO信者のソリッド・ステイト・サヴァイヴァーの大ファンのような友人にも評判が悪いですが、ミュージシャンには、評価が高く、BUCK-TICKの今井寿が、好きなアルバムの5枚のうちの1枚にあげていますし、元電気グルーヴの砂原良徳も、YMOで一番好きなアルバムといっていますし、当のYMOのリーダーの細野晴臣も、YMOのベストアルバムにあげていますね。
YMOといえば、ワールドワイドな活躍でしたが、BGMが世界中のミュージシャンに与えた影響ははかりしえないものがあったのでしょう。