今更?!ニキビの色素沈着

私はもともとニキビが出来る場所に偏りがありました。
10代後半から20代にかけては頬骨の外側が多かったです。
そして20代後半からはあご周りを中心に、赤いブツブツが毎日のように出来ていました。
最近ではテレビコマーシャルなどで「大人ニキビ」という言葉をよく聞きますね。
いわゆる「もうニキビではなく吹き出物」という類のものなのだと思います。
20代後半にあご周りに起きる炎症は、私だけでなく同世代の女性にとても多いと聞きました。

10代から20代にかけて、学生時代はニキビが治ったらホッとして終わっていました。
でも今になってニキビに色素沈着をケアしておけば良かったと後悔しています。
なんと今30代に突入してから、大昔に治ったはずのニキビが色素沈着を始めたのです。

何故その黒ずみがニキビ跡の色素沈着だと分かったかというと、その場所に特徴があったからです。
私の顔に浮き出てきた色素沈着は、頬骨の外側とアゴ周りに集中しています。
つまり、それらが一般的なシミではなくニキビ跡だということを証明しているのでしょう。

10年以上に治って安心したはずのニキビが、そんな形で再び姿を現して驚きました。
なんだか、嫌な関係の人と変な再会をしてしまった気分です。
おそらく10代から20代にかけて、ニキビが治ったあともその場所に色素沈着予防のケアをすべきだったのだと思います。
シミは出来たあとからのケアでは遅く、出来る前からの予防が重要なんですよね。
目で見て治ったとは思っていても、肌が受けたダメージは根強いものだったのでしょう。

当然のことながら肌ケア用品は年々進化しています。出来てしまったシミを消してくれるサプリなどがたくさんあるのでまずは試してみようと思います。