健康な人を相手にするため簡単だと思った

人気の有料老人ホーム看護師求人転職はここ!
健診は、普段の病棟業務からたまにヘルプで行っていました。私は主に採血を担当していました。普段自分で動けない方や、意思の疎通が難しい方を相手にしている分、今のところ入院の必要のない人相手は簡単だと思っていました。確かに身体的にはとても楽な仕事でしたが、さすがみなさんお元気なので口が達者でとても精神的に疲れました。採血ついでに私に健康相談をされるご年配が多く、採血だけならすぐ終わるもののなかなか席をたってくれず、お話が止まらず仕事が進みません。だからといって邪険に扱うこともできないし、でも健診に来られている方が沢山居たので本当に困りました。これが病院の待ち時間の長さの1つの理由なんだと少しでも理解と協力の得られるシステムはないのかと頭を抱えました。

同じ病棟で働く事務員さんから、健診に来る患者さんは病院にとって患者というよりも客なんだという話を聞きました。それを聞いてすぐにその意味は理解できましたが、やはり私は看護師なのでそんなことは関係ありません。客といわれたら次に繋げるための努力をしなければいけないような気にもなりますが、それは看護師の仕事ではありません。患者さんと信頼を築くための努力はしますが、それは相手の機嫌とりではありません。時には患者さんの健康のため生活指導をしたり、制限のある患者さんでも個々の生活スタイルに合わせた少しでも制限が苦痛にならないための相談をすることもあります。でも私達看護師の知識は無料相談所ではないのです。病院側ももっと看護師を守る体制を整えてもらいたいです。