カテゴリー別アーカイブ: 未分類

いつも使っているボディーソープを変えただけで!

私は、小さい頃から足の臭いに悩まされてきました。足の臭いを消す簡単な方法はないかなぁと考えていた、そんなある日、近くのドラッグストアに殺菌・消臭と書いたボディーソープがありました。足の臭いを消すのにも効果的とあったので、ダメ元で購入してみました。ボディーソープですが、足にだけ使って3日ほど経つと本当に足の臭いが気にならなくなったのです。いつもだと、日中からだんだんと臭いが出始めて、家に帰る頃には耐え難い臭いになっていました。また、夏の時期ももちろんですが、冬は靴を脱ぐときにとても気になって足の臭いですが、ボディーソープを変えただけで劇的な効果があり、とても驚き、嬉しかったです。いまでは毎日使わずとも、少し気になる時に使っています。

足の臭いが気になって座敷じゃない居酒屋を選んだり、靴の入り口が狭い靴を選んだり、分厚い靴下を履いたりと、とても気にしていました。足の臭いを消す方法は、いろいろと試してきました。靴の中に10円玉を入れてみたり、重曹を入れてみたり、車の中に長時間いることがあれば靴下を履き替えてみたり、もちろん靴を洗ったりと試行錯誤を繰り返し試しました。ですが、身に付けているものにどんなに消臭をしたって瞬く間に足の臭いは出てくるのです。ということは、やはり足自体に原因があるんだと気がついたのです。靴や、靴下をどうにかしてもすぐに出てくる足の臭いですが一番の原因、元である足に消臭をする事が足の臭いを消す一番良い方法でした。

安くてお手軽!愛用してます

 夏にビキニを着たいと思ったことが、アンダーヘアのお手入れをしようと思ったきっかけでした。お恥ずかしい話、私はそれまでアンダーヘアのお手入れをほとんどしたことがありませんでした。チャレンジしたことはあるのですが、腋毛やすね毛のケアと違って、アンダーヘアはカミソリで普通に処理しようとすると、のびかけてきた時ちくちくして、耐え難いくらいかゆいんです。 脱毛サロンに行くのは敷居が高いし、お金もかかるので、ずっとアンダーヘアのお手入れは諦めていました。 しかしある時、ヒートカッターなら自宅で簡単にお手入れできてちくちくすることもないと聞き、思い切って購入したのです。使ってみると大変便利でした。使用直後は少し焦げ臭い臭いがするのですが、やけどなどすることもなく、処理後も快適でした。

 アンダーヘアのお手入れについては、今の処理方法に不満があったとしてもなかなか人に相談しにくい人が多いのではないでしょうか。 私も実際、そのことで悩んでいると人に話すのは恥ずかしく、どうしても処理せざるを得ない時は大変でも毛抜きで一本一本抜いていました。でも、時間もかかるし、傷ができると化膿してしまうこともありました。 サロンに行く時間やお金がなかったり、敷居が高いと感じている人は、思い切ってヒートカッターを一つ購入するのはありだと思います。カミソリやハサミでカットする時のようにちくちくしないし、ライターであぶったりしてやけどをしては大変ですから。 私はヒートカッターを使い始めてから、アンダーヘアのお手入れ方法で悩むことはなくなりました。

夜勤だけの雇用形態があるなんて知らなかった

看護師として働き始めた当初は、常勤の看護師求人は日勤と夜勤がセットなのが当たり前な認識はありました。
日勤だけの求人があるのは勿論知っていましたが、イメージとしては結婚して子供がいるママさん看護師の求人という感じでした。

働き始めて2年目、夜勤のアルバイトをしている方と出会い、その時に初めて夜勤の求人があることを知りました。夜勤アルバイトについて全然知らなかった私は、その方にいろいろ質問して教えていただきました。
夜勤だけの常勤の求人があるのも知りませんでしたが、その頃は夜勤は大変なものというイメージがまだ強かったので、そういう働き方もあるなぁ程度に思っていました。
しかし仕事に慣れていくと、日勤が続く方がツラくなっていきました。夜勤回数が多い方が大変でも睡眠時間が取れる事に気が付き、更にその頃変則で夜勤専従をする月もあり、夜勤専従看護師求人への意識も強まりました。

夜勤専従の求人をいくつか見ていると、病院や施設によってかなり差があります。
まず気になるのはお給料。夜勤1回あたり2万円くらいの所から、高いと4万円を超えるものもあります。仕事内容と照らし合わせながらお給料を選ぶ事が出来ます。比較的産婦人科の夜勤専従は単価が高い印象があります。

次に勤務時間ですが、夜勤専従にも3交替と2交替の場合があり、2交替は記載の時間のままですが、3交替の場合準夜・深夜・準夜+深夜の3パターンがあるようです。
私は2交替派でしたので、まず2交替で絞り込みをしてから勤務先までの距離や給料の額で更に希望に合いそうな所をピックアップしてました。

1度夜勤専従でアルバイトをしようと思い、上記のように絞り込みをして良さそうな所の面接を受けたのですが、そこは何ヶ月も日勤トレーニングが必要との事でした。日勤トレーニングについて記載がない求人も多いので、問い合わせて確認をオススメします。

新生活の資金集め

ランサーズで稼ぐにあたって、当初様々な案件の提案に取り組んだが、もちろん全く相手にされずほとんど収入がない状態が続きました。タスク形式の仕事にもとりもうとしたのですが、タスク形式の案件自体が少なかったこと、タスク形式であるにもかかわらず承認にとても時間がかかり、とてもやっていくことはできませんでした。翻訳関連やライティング関連の案件を探し求めていましたが、登録されている仕事数が少ない上に先方とのコミュニケーションも難しかったです。その割には、個人情報の登録を催促されたり、顔写真の登録を要求されるなど、情報公開への圧力が高く割高感が否めませんでした。とにかく、承認が遅い、仕事が少ないと報酬につなげることが難しかったです。

私の体験ではありませんが、仕事を発注する側からするとランサーズは使いずらいという評判でした。ランサーズと対比されるのは、クラウドワークスです。ランサーズにはないのですが、クラウドワークスにはコピペチェックツールが付いているそうです。納品された記事のチェックを無料で行うことができるのだそうです。ランサーズでは、同一プロジェクトで複数名を採用することができないそうです。作業に応じて、細かく分けて発注するのは相当面倒ですよね。ランサーズは報酬の変更も相当めんどくさいそうです。仮払いをキャンセルし、計画変更を申請してランサーズ側の承認を待って報酬の変更が完了します。一昔前はメッセージ機能にもバグがあり問題がよく起こっていたそうです。業務を発注する側ならランサーズがオススメなのだそうです。

えっ!いつのまに黒くなっちゃったの

以前、接客業の仕事をしていた時のことです。お客様とお話しするときは必ずたち膝をしていました、最初は全く気づきませんでしたが2週間くらいたったころだったでしょうか、気づいた時には膝のあたりが黒くなってきていました。一生懸命、保湿クリームを塗りますがただただ潤うだけでした。制服がワンピースとストッキング着用、ワンピースの丈は丁度膝丈あたりなので気になってしまいますが仕事なのでたち膝がやめられませんでした。普段着ではなかなかスカートを履く勇気もなくなってしまいました、膝の黒ずみ以外にも刺激を受けるのかひざの毛が濃くなってしまってカミソリなどで剃ったりしましたがゾウさんみたいな膝が悩みの種となっていました。

ひざの黒ずみで悩んでいるときに、色々調べたりした結果はとにかく刺激しないこと、そしてその悩みの黒ずみはだんだん沈着してくるということがわかりました。これは大変だと思いとにかくたくさんの商品を調べましたが、よく分からなくなってしまいました。そんな時に教えてもらったのがピューレパールという商品でした。もともとお肌が敏感肌なこともあり心配はしましたが、なんと赤ちゃんでも使えるということ、美白成分かなり入ってそうということ、通販なんで人に見られる心配がないので良さそう!だと思いました。これによってゴワゴワのゾウさんみたいな私の膝がつるつるの滑らかな膝になりました。今では膝の悩みはすっかりなくなりました。

こんなにあるんだ!

健診看護師の求人募集を探すとき、インターネットで検索するとたくさんの求人サイトや求人会社、派遣会社が出てきました。看護師という職業はいろいろな方面で選択できるというのは良い事ですが、あまりにも膨大な数だったのでどれを選択してよいか悩みました。ブログ等で評判の良かったMCナースネットでそこで試しに登録してみました。本社で詳しくいろいろな派遣先のことや転職先のことを教えていただたり、時には悩み相談に乗っていただりと親身に関わっていただきました。MCナースネットでは病院経験しかなかった私に看護師としての職域を広げさせて頂きました。例えば、小学生の移動教室の添乗業務やイベントの救護施設の看護業務等幅広いお仕事を紹介させて頂きました。

看護師という職業は病院だけではない。というのが私が今回MCナースネットに登録して勉強になったことです。看護師と職業は病院で患者さんと向き合って一緒に病気や怪我に向き合っているというイメージでしたが、MCナースネットで病院以外でのお仕事を紹介させて頂き働いたことで看護師という職業は社会のいろいろなところで必要とされる存在なのだなと思いました。また、病院という閉鎖的な空間に比べて社会との繋がりや開放的なお仕事にも出会うことが出来ました。看護師という職業は本当に良い仕事でやりがいもありますが、病院は命をかけて戦っている患者さんがいたり、救急患者など生と死の狭間いる方もいるので緊迫するのは当たり前です。そんなストレスフルな場だからこそ離職率も高い職業でもあります。そこで悩んでいる方は一度MCナースネットに登録してスタッフの方とお話しや相談したりするのも良いかもしれないです。

まさに、夢を叶えた気分

ぼくが、世の中で、一番すきなCDは、YMOのBGMで、これは、リアルタイムで買ったのではないですが、BGMのリリースが、1981年、ぼくがBGMを買ったのは、
1991年でしたね。高校時代でした。これは、伝説のカルトアイテムで、かつ、多くのミュージシャンに影響を与えた、必聴盤ですが、はじめて聴いたときは、あまりのマニアックさ、
アンビエントなムードに「何だ?こりゃ」と思いましたが、もう一度、集中して聴いてみると、とても感動して、目から涙がでてきました。それほど感動した、ということです。
それから、何十年もたちましたが、いまだに一番好きなCDです。感動したいとき、陶酔したいときの夢を叶えてくれるCDです。

ザ・シークレットサブリミナルCDもいいですね。まさにサブリミナルに作用し、無意識にききますね。潜在意識を書き換える方法として使うらしいです。それから、YMOのBGMに関しては、マニアックだけに、YMO信者のソリッド・ステイト・サヴァイヴァーの大ファンのような友人にも評判が悪いですが、ミュージシャンには、評価が高く、BUCK-TICKの今井寿が、好きなアルバムの5枚のうちの1枚にあげていますし、元電気グルーヴの砂原良徳も、YMOで一番好きなアルバムといっていますし、当のYMOのリーダーの細野晴臣も、YMOのベストアルバムにあげていますね。
YMOといえば、ワールドワイドな活躍でしたが、BGMが世界中のミュージシャンに与えた影響ははかりしえないものがあったのでしょう。

健康な人を相手にするため簡単だと思った

人気の有料老人ホーム看護師求人転職はここ!
健診は、普段の病棟業務からたまにヘルプで行っていました。私は主に採血を担当していました。普段自分で動けない方や、意思の疎通が難しい方を相手にしている分、今のところ入院の必要のない人相手は簡単だと思っていました。確かに身体的にはとても楽な仕事でしたが、さすがみなさんお元気なので口が達者でとても精神的に疲れました。採血ついでに私に健康相談をされるご年配が多く、採血だけならすぐ終わるもののなかなか席をたってくれず、お話が止まらず仕事が進みません。だからといって邪険に扱うこともできないし、でも健診に来られている方が沢山居たので本当に困りました。これが病院の待ち時間の長さの1つの理由なんだと少しでも理解と協力の得られるシステムはないのかと頭を抱えました。

同じ病棟で働く事務員さんから、健診に来る患者さんは病院にとって患者というよりも客なんだという話を聞きました。それを聞いてすぐにその意味は理解できましたが、やはり私は看護師なのでそんなことは関係ありません。客といわれたら次に繋げるための努力をしなければいけないような気にもなりますが、それは看護師の仕事ではありません。患者さんと信頼を築くための努力はしますが、それは相手の機嫌とりではありません。時には患者さんの健康のため生活指導をしたり、制限のある患者さんでも個々の生活スタイルに合わせた少しでも制限が苦痛にならないための相談をすることもあります。でも私達看護師の知識は無料相談所ではないのです。病院側ももっと看護師を守る体制を整えてもらいたいです。

気になって仕事に集中できない!

ワキガ手術が失敗した私の体験談。その後効果のあったケア方法は?
小さな事務所で仕事をしていると、どうしても個人のデスクの間隔は狭くなります。以前、働いていた会社の事務所は狭く、どちらかというと換気の悪い部屋でした。そんな中、同僚の若い男の子にとてもきつい体臭があり、周りのデスクの人たちは本人に言うに言えず、とても不快な思いをしていました。すこし太っている人だったのですが脇の臭いや靴の臭い、口臭の全部混ざったような本当にひどい臭いで、仕事にも支障をきたす程でした。席替えを提案してみたりもしましたが、結局は誰かが我慢しなくてはいけないし、もうみんな我慢の限界を通り越していました。臭いのせいで会社に来るのが憂鬱なほどみんな臭いに辟易していたのです。とうとう、本人に臭っていることを知らせようという事になったのですが、そんな嫌なこと誰も言いたくありません。結局、上司に頼んで本人に伝えてもらったのですが、やはりかなり気まずい空気が流れてしまいました。

私は自分自身がもし臭っていたとしても、同僚や友達が本人に教えてくれる事はめったにないのだという事を以前の経験で学びました。そんな理由で知らず知らずのうちに人から距離を置かれるのは辛いことです。自分で対策をするしかありません。しかし、自分でどこが匂っているかも分かっていれば良いですが胃痛からくる口臭や身体の汗臭さなどは自分では気づかない事が多いものです。またワキガや足臭も気にするようになりとても神経質になってしまい、人と会って話をする時もとても消極的になって笑顔も忘れてしまいました。ネットで調べてみると「クリアネオ」という商品がニオイ菌を除去してくれると知りました。これなら塗るだけで簡単に体臭対策ができ、笑顔も取り戻せそうです。

生活習慣を変えたら治った

私はいつからか、いびきに悩まされていました。気づいたのは、友人の家に泊まったときでした。かなり激しいいびきだったようで、友人は眠れなかったようです。大げさな表現ですが、地響きを感じるような音だったとのこと。スマホのいびきを録音するアプリで確認すると、確かに激しいいびきでした。これはなんとかせねばという感じです。社員旅行などのイベントもあります。一人部屋ならいいですが、複数人で寝ます。その場合に迷惑をかけてします。何より健康によくないです。そのため様々ないびきに関する書籍を読んだり、インターネットで調べたりしました。内科を受診したときに、いびきのことをついでに聞いたりもしました。そしていびきの止め方と治し方を努力をしたら、治りました。

いびきの大きな原因は、口呼吸になっていることです。私の場合もおそらくそうでした。いつの間にか口を開けてて寝ていましたからね。寝ている間は舌が落ちて気道が狭くなっています。そこに呼吸で空気が通ると、音がなります。そのため鼻で呼吸するのがベストです。アルコールを飲んだ後などは、下の筋肉が緩みます。そのためいびきをかきやすくなっています。まず寝ている間に口が開かないように、口周りの筋肉を鍛えることにしました。方法はペットボトルを口に咥えて舌を見る。唇だけで支える感じです。これがかなりきつい。鍛えられていることを実感します。こうすることで睡眠中に口が開くことはなく、いびきも治りました。普段から鼻呼吸を意識するようにしましょう。